セミナーブレーン
HOME 講師派遣 講演会企画運営 研修・人材派遣 業務案内 お問い合わせ
講師派遣
経営・ビジネス 経済・金融 政治・内外情勢 スポーツ・健康 文化・教養 1 2 3 4 5 6
強い農業をつくる!
〜女性の目で見たこれからの農業経営〜
青山 浩子  (あおやま ひろこ)  農業ジャーナリスト
1963年愛知県生まれ。京都外国語大学卒業。JTB勤務を経て、90年から1年間、韓国延世大学に留学。帰国後、ハンファジャパン、船井総研を経て、99年より、農業関係のフリージャーナリストとして活躍中。1年の半分を農村での取材にあて、奮闘する農家の姿を紹介している。農業関連の月刊誌、新聞などに連載。
テーマは「農業と食に関するビジネス」「直売所ビジネス」「企業の農業新規入」「地方の村興し」「女性の起業」「食品マーケティング」等。
主な著書「強い農業をつくる」「『農』が変える食ビジネス」
勝ち残る企業創りの条件
新 将命  (あたらし まさみ)  轄総ロビジネスブレイン代表取締役
1959年早稲田大学卒業後、シェル石油鞄社。69年より日本コカ・コーラ鰍ヨ。関西営業部長、市場開発部長を歴任。78年よりジョンソン・エンド・ジョンソン鰹務取締役、専務取締役を経て、82年に代表取締役社長就任。90年に4期8年の任期を経て退任。外資系企業で40年。欧米の経営手法を知り尽くし、かつ日本的経営の長所を加味しながら業績を上げ続けてきた新氏。ジョークを交えながら自身の経験を体系化した経営論は好評を得ている。
主な著書「リーダーの教科書」「経営の教科書」「働き方の教科書」
企業経営に活かす“失敗学”
〜しくみづくりはトップの想像力で〜
飯野 謙次  (いいの けんじ)  NPO法人失敗学会副会長
1959年大阪生まれ。82年東京大学工学部卒業。84年同大学大学院工学系研究科修士課程修了。92年スタンフォード大学機械学・情報工学博士号取得。2000年SYDROSE LP設立、ゼネラルパートナー就任。02年NPO失敗学会副会長就任。09年事務局長兼務。「周知徹底」「教育訓練」「管理強化」はミスを防ぐ対策としての響きは良いが、人の注意力を高めるだけで、実効性は薄い。どうすれば失敗を減らせるか。精神論ではない同じ失敗を繰り返さないための仕組みづくりを語る。
                   
新しい農業スタイルの創造
〜”京野菜”全国ブランドへの道〜
石割 照久  (いしわり てるひさ)  鞄石代表取締役社長
1957年京都市生まれ。家業の農家の10代目。多種多様な京野菜を育てる他、料理人の要望に応えた「オーダーメイドの野菜」を手掛ける。「京都伝統野菜研究会」「新京野菜の会」会長を務め、講演や農業指導も行っている。農林水産省提唱の「農村漁村の6次産業化」=「地域資源と産業を結びつけ雇用確保と所得向上を目指す」に呼応し、企業、農家、学生を繋ぐ新たな農業スタイルに取り組んでいる。講演では「京野菜」を全国ブランドに仕掛けた石割氏のマーケティング戦略・ブランド戦略を語る。
起死回生〜時代を生き抜く経営力〜
江上 剛  (えがみ ごう)  作家
1954年兵庫県出身。77年早稲田大学政治経済学部卒業後、旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。梅田、芝支店の後、本部企画、人事関係を経て、高田馬場、築地支店長を歴任後、03年退行。97年の「第一勧銀総会屋事件」では、広報部次長として混乱収拾に尽力。その後のコンプライアンス体制に大きな役割を果たす。銀行員の傍ら02年『非常銀行』で作家デビューし、翌年退行し作家活動に専念。経済小説の枠にとらわれない新しい金融エンタテイメントを描いている。
主な著書「失格社員」「銀行支店長、走る」「帝都を復興せよ」
中小企業のブランド戦略
〜消費者は何を購入するか〜
江口 泰広  (えぐち やすひろ)  学習院女子大学教授
1945年東京生まれ。学習院大学経済学部卒業。(財)流通経済研究所、日本総合研究所主任研究員を経て、98年学習院女子大学創設と共に国際文化交流学部教授。流通論とマーケティング論を原点に、多数の企業の顧問として経営戦略の策定や実務活動に携わる。またNHKやテレビ東京等の経済・経営番組にも出演。
「ブランディング」「10大戦略の視点」について歯に衣着せぬ核心をついた問題指摘と提言には定評がある。
主な著書「マーケティングのことが面白いほどわかる本」
日本品質で世界を制す!
〜現場力を鍛える企業戦略〜
遠藤 功  (えんどう いさお)  早稲田大学ビジネススクール教授/潟香[ランド・ベルガー会長
早稲田大学商学部卒業。米国ボストンカレッジ系絵学修士(MBA)。三菱電機、米国系戦略コンサルティング会社を経て、現在は、欧州系最大のコンサルティングファームであるローランド・ベルガーの日本法人取締役会長。特に製造業、サービス業、金融機関の事業戦略立案、マーケティング戦略、営業改革、業務改革などで豊富な経験を有し、グローバルに通用する競争力を確立しようとする日本企業に対して、様々な支援を行っている。
主な著書「ビジネスに広がりを!知恵のわ」「現場力の教科書」
“個力”を活かせる組織づくりと人材育成
〜認めることで、やる気を引き出す〜
太田 肇  (おおた はじめ)  同志社大学政策学部教授
1954年兵庫県生まれ。神戸大学大学院経営学研究科修了。京都大学経済学博士。滋賀大学経済学部教授等を経て、2004年から同志社大学政策学部教授(同大学院総合政策科学研究科教授)。専門は組織論、人的資源管理論。とりわけ「個人を重視した仕事・組織・社会」について幅広い研究に取り組み、新たな組織モデルとなる企業への直接取材なども積極的に行っている。「社員のやる気が出ない」のはどこに原因があるか、どうすればやる気や、やりがいを飛躍的に高められるかについて、実例やデータ等を盛り込みながらの講演は好評を得ている。
あなたは消費者の変化に気づいていますか?
大谷 規世  (おおたに のりよ)  消費生活アドバイザー
1974年津田塾大学卒。ティアック鰍経て、89年(財)製品輸入促進協会調査部へ。2001年花王鰍フテレビ・雑誌パブリシティ契約。06年日本流通自主管理協会事務局長就任、2013年横浜商科大学非常勤講師、現在に至る。
講演では消費アドバイザーの目で、“消費者の変化”“消費の条件”“消費者対応”の三つのポイントを挙げ、企業が売りたいモノと、消費者が買いたいモノの違いを具体的に挙げ、企業衰退の原因を突き詰めると消費者の変化に行き着くと語る。小売業のみならず全ての業種にあてはまる講演は好評を得ている。
                     
ハーレーダビッドソンのマーケティングに迫る!
〜高い顧客満足とロイヤリティの構築〜
奥井 俊史  (おくい としふみ)  アンクルアウルコンサルティング代表
1942年大阪生まれ。65年大阪外国語大学中国語科卒業。同年トヨタ自動車販売(現トヨタ自動車)入社。主に途上国への輸出に携わる。80年初代北京事務所所長。90年ハーレーダビッドソンジャパンへ移り、翌91年社長就任。以後19年間社長在任。日本の大型バイク市場でハーレーダビットソンをトップブランドに育て上げた。2009年同社最高顧問を歴任。退任後、アンクルアウル コンサルティングを立ち上げ、コンサルタントとして活躍。
主な著書「日本発ハーレーダビットソンがめざした顧客との「絆」づくり」
パワーハラスメント最新事情
〜なぜ起きる、どう対処する〜
金子 雅臣  (かねこ まさおみ)  一般社団法人職場のハラスメント研究所所長
東京都産業労働局勤務を経て、労働ジャーナリストとして社会労働問題(セクハラ、パワハラやリストラ、ホームレスなど)のルポルライターとして活躍する。08年(一社)「職場のハラスメント研究所」設立。現在は、葛飾区男女差別苦情処理委員、日本教育心理学会、成蹊学園、県立山梨大学等の人権委員会スーパーバイザーを行う一方で、「月刊ガバナンス」「労働法研究会報」などに連載を執筆中。
主な著書「セクハラ事件の主役たち」「職場いじめーあなたの上司はなぜキレる」「公務職場の人間関係」
組織を動かして成果を上げるマネジメント
金原 光広  (かねはら みつひろ)  経営コンサルタント
早稲田大学卒業後、中国貿易専門商社経て、?日本生産性本部入職。95年住宅用構造材の製材メーカーである井原産業鰍ノ女婿後継者として入社。97年代表取締役就任。02年同事業から不動産・金融資産管理・投資業に業態転換。同時に経営コンサルティング、人材育成支援事業を開始。05年泣Oレフコンサル設立、代表取締役就任、現在に至る。若手経営者や第二創業を目指す経営者に向けて指導を行う経営コンサルタント。閉塞感が漂う経営を打破し飛躍させるべく自身の経営経験を活かしたトータルな視点で、経営革新への突破口を提示する。
1 2 3 4 5 6

経済・金融 政治・内外情勢 スポーツ・健康 文化・教養
(C) 2007 SEMINAR BRAIN KYOKAI CO.,Ltd
E-mail.info@seminar-brain.jp