セミナーブレーン
HOME 講師派遣 講演会企画運営 研修・人材派遣 業務案内 お問い合わせ
講師派遣
政治・内外情勢 経営・ビジネス 経済・金融 スポーツ・健康 文化・教養 1 2 3
日本人の覚悟 〜大動乱時代の中で〜
嶌 信彦  (しま のぶひこ)  ジャーナリスト
1967年慶應大学経済学部卒業後、毎日新聞社入社。経済部勤務を経て81年ワシントン特派員。サミット始めIMFなどの国際会議を取材。87年退社、フリーとなる。97年迄、TBSテレビ「ブロードキャスター」のコメンテーターを7年間務める。
現在は、TBS「グローバルナビ・フロント」やTBSラジオ「嶌信彦のエネルギッシュトーク」出演中。先進国サミットの取材は30回に及ぶ。
主な著書「日本の『世界商品』力」「嶌信彦の一筆入魂」
『平成の開国』と国家の存亡 〜TPPと日本の今後〜
関岡 英之   (せきおか ひでゆき )  ノンフィクション作家
1961年東京生まれ。84年慶應大学卒業後、東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。2001年早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了、執筆活動に入る。
講演では、政府の統計データや外交文書などの信頼できる公開情報に基づき、内政・外交の知られざる背景を具体的に解説する。
04年の著書「拒否できない日本」は「年次改革要望書」をもとに米国の日本への内政干渉の実態を克明に検証し、第24刷のロングセラーとなる。
その他著書「TPP 黒い条約」/中野剛志氏等との共著
中小企業の時代
〜21世紀・地域社会のあり方〜
高野 孟  (たかの はじめ)  ジャーナリストインサイダー編集長
1944年東京生まれ。早稲田大学文学部西洋哲学科卒。通信社、広告会社勤務を経て、75年フリー・ジャーナリストとなる。80年潟Cンサイダー設立、代表兼、編集長に。02年早稲田大学客員教授就任、「大隈塾」担当。07年サイバー大学客員教授、08年京都造形芸術大学客員教授も兼任。政治・経済・社会等の諸問題の本質を常に的確に捉え、歯に衣着せぬ提言に定評がある。2011年からは居住する鴨川市で「大村山塾」開設、塾長として地域興しの為の文化活動に取り組む。
主な著書「沖縄に海兵隊はいらない!」「原発ゼロ社会への道程」
日本の政治はこれからどうなるか?
田ア 史郎  (たざき しろう)  時事通信社解説委員政治評論家
1950年福井県生まれ。73年中央大学法学部法律学科卒業、時事通信社入社。政治部に配属。平河(自民党担当)記者クラブで2年9ヶ月間、田中派を担当。以来、田中派、竹下派、橋本派を中心に取材。政治部次長、編集委員、編集局次長兼解説委員、06年解説委員長を経て、2010年解説委員、現在に至る。「みのもんたの朝ズバ!」「報道ステーション」「とくダネ!」「ひるおび」等にコメンテーターとして多数出演。
主な著書「竹下派死闘の七十日」「政治家失格―なぜ日本の政治はダメなのか」
日本政治展望
激動の世界でどう生きるか
田勢 康弘  (たせ やすひろ)  政治コラムニスト早稲田大学大学院教授
1944年中国黒龍江省黒河生まれ。山形県出身。69年早稲田大学第一政治経済学部卒。日本経済新聞社入社。政治記者として佐藤内閣から管内閣まで23人の内閣総理大臣を取材。ワシントン支局長、編集委員、論説委員、コラムニストなどを経て06年退社。同年早稲田大学大学院公共経営研究科教授、日経新聞客員コラムニスト。常に厳しい論説を展開する田勢氏。政治指導者のあるべき姿や、漂流する日本をどう立て直すか、激動の世界で日本がどう生きるかを示唆する。
主な著書「国家と政治―危機の時代の指導者像 」
時代を読む
田原 総一朗  (たはら そういちろう)  ジャーナリスト
1934年滋賀県彦根市生まれ。早稲田大学文学部卒業。岩波映画製作所、テレビ東京を経て、77年フリーに。現在は、政治・経済・メディア・コンピューター等、時代の最先端を捉え、活字と放送の両メディアにわたり精力的な評論活動を続けている。87年より「朝まで生テレビ」89年より2010迄「サンデープロジェクト」出演。98年テレビジャーナリズムの新しい地平を拓いたとして、ギャラクシー35周年記念賞(城戸賞)を受賞。2年早稲田大学で「大隅塾」を開講し、塾頭として未来のリーダーを育てるべく、学生たちの指導にあたる。05年早稲田大学特命教授。
誇り高き日本の未来のために
田母神 俊雄  (たもがみ としお)  第29代航空幕僚長
1948年福島県出身。防衛大学校卒業後、航空自衛隊に入隊。地対空ミサイルの運用幹部として約10年の部隊勤務を経験。07年航空幕僚長に就任後の翌年、民間の懸賞論文へ応募した作品が、政府見解と異なる主張をしたことで幕僚長辞任。09年に鞄c母神事務所を設立、代表取締役就任。現在は、講演活動や執筆活動、テレビ出演等、多方面にて活躍中。
主な著書「間接侵略に立ち向かえ!」「田母神大学校」「田母神俊雄の人生論」「田母神塾 これが誇りある日本の教科書だ」
21世紀の世界の行方
〜リーダーのインテリジェンス感覚を磨くために〜
手嶋 龍一  (てしま りゅういち)  外交ジャーナリスト作家
1949年北海道生まれ。元NHKワシントン支局長。NHKの政治部記者として首相官邸、外務省、自民党を担当。9.11同時多発テロ事件では11日間にわたる24時間連続の中継放送を担い、その冷静で的確な分析は視聴者の圧倒的な支持を得た。05年NHKから独立し、日本で初めてのインテリジェンス小説「ウルトラ・ダラー」を発表、姉妹編「スギハラ・ダラー」と併せ50万部の大ヒットに。07年より慶應義塾大学教授として、後進の指導にも取り組んでいる。
主な著書「ブラック・スワン降臨」「動乱のインテリジェンス 」
国際感覚を創る異文化理解のススメ
寺谷 弘壬  (てらたに ひろみ)  青山学院大学名誉教授国際比較研究所所長
1937年神戸生まれ。フルブライト全額支給生として米プリストン大学大学院(社会学博士課程)に学ぶ。ロシアにも留学。米国コロンビア大学客員研究員、ネブラスカ大学教授、青山学院大学教授歴任。その他、長期にわたり米国やオーストラリアや韓国の大学で教え、青山学院大学では30数年間教えた。現在、青山学院大学名誉教授。研究や講演で訪れた国は約100ヶ国、延べにして10年を越える。経済視察団団長として訪問した国も100カ国。ロシア問題研究の第一人者。
共著「ハプスブルグ王家」「秋山好古・真之兄弟と正岡子規らが生きた時代」
いま、地球に世界に日本ができること
鳥越 俊太郎  (とりごえ しゅんたろう)  ジャーナリスト
1940年、福岡県生まれ。京都大学文学部卒業後、毎日新聞社に入社。社会部、外信部(テヘラン特派員)、サンデー毎日編集部勤務を経て、編集長就任。89年、毎日新聞社退社後、ニュースキャスター、コメンテーターとして数々の報道番組に出演。大量生産→大量消費→大量投棄の生活から一人一人がライフスタイルを見直し、政府や自治体に頼らずボランティア活動などに積極的に参加し地球環境と共生してゆくことが大事である。いま世界から尊敬される日本人になる為に必要なことは何か?
1 2 3

経営・ビジネス 経済・金融 スポーツ・健康 文化・教養
(C) 2007 SEMINAR BRAIN KYOKAI CO.,Ltd
E-mail.info@seminar-brain.jp