セミナーブレーン
HOME 講師派遣 講演会企画運営 研修・人材派遣 業務案内 お問い合わせ
講師派遣
スポーツ・健康 経営・ビジネス 経済・金融 政治・内外情勢 文化・教養 1 2 3 4
経営者のための長寿健康法
〜50歳からは炭水化物をやめなさい〜
藤田 紘一郎  (ふじた こういちろう)  東京医科歯科大学名誉教授人間総合科学大学教授
1939年中国・旧満州に生まれる。東京医科歯科大学医学部を卒業後、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。医学博士。テキサス大学留学後、金沢医科大学教授、長崎大学医学部教授、東京医科歯科大学大学院教授を経て、2005年人間総合科学大学教授、東京医科歯科大学名誉教授。免疫と健康について楽しく話す寄生虫博士。食物アレルギーや花粉症、更にがんやうつ病の主因は、現代社会の過剰な清潔意識による免疫低下にあると語る。
主な著書「笑うカイチュウー寄生虫博士奮闘記」「免疫力をアップする科学」
夢は必ず叶う
舞の海 秀平  (まいのうみ しゅうへい)  NHK大相撲解説者スポーツキャスター
1968年青森県生まれ。日本大学卒業後、山形県の高校教師の内定が決まっていたにもかかわらず、周囲の反対を押し切って大相撲入りを決意。新弟子検査基準の身長に足りなかったため、頭にシリコンを入れて新弟子検査に合格。90年大相撲 出羽海部屋入門。91年十両(四股名:舞の海)に昇進し同年幕内入りを果たす。角界最小の身体から「猫だまし」「八艘飛び」等の技を繰り出し、“技のデパート”の異名を取る。99年の引退。現在はNHK大相撲解説者、スポーツキャスターなどを務める傍ら、ドラマや映画出演など幅広く活躍中。
個性が組織を強くする時代
松木 安太郎  (まつき やすたろう)  サッカー解説者
1957年東京都生まれ。16才にして読売サッカークラブ・トップチームに最年少選手として登録される。その後、日本代表にも選ばれ、ロス五輪予選、ソウル五輪予選、ワールドカップメキシコ大会予選などにも出場し、日本リーグではリーグ優勝3回、天皇杯優勝3回、主将も努める。90年現役引退後は、監督への道へとその才能を発揮。ヴェルディー川崎をJリーグ初の初代王者に、さらに翌年も2年連続の日本一に導く。現在はテレビ解説者として「初めてサッカーを見る方にも分かりやすい解説を」と意欲的に活動。
80歳〜エベレスト登頂への挑戦〜
三浦 雄一郎  (みうら ゆういちろう)  プロスキーヤー
1932年青森市生まれ。56年北海道大学獣医学部卒業。57年北海道大学獣医学部助手からプロスキーヤーに転じる。2003年、世界最高齢の70歳で二男とエベレスト登頂成功。また08年75歳でエベレスト登頂成功を果たす。「人は幾つになっても夢を持つこと。その夢の実現に向かって努力し続けること。更に困難や危険を承知の上で、小さな一歩ずつの積み重ねが、いつか世界一の頂上に立てるのだ」と実体験をもとに語る講演は、聴衆者に元気と勇気を与える。
13年5月80歳で再びエベレスト登頂成功を果たす。
健康でゴルフを楽しむために
村口 史子  (むらぐち ふみこ)  プロゴルファーゴルフ解説者
千葉県出身。習志野高校卒業後、一旦OL生活を経てから、プロゴルファーを目指し千葉CCに入社。90年プロテスト合格。デビュー戦で最終日に8バーディ2ボギーの66で回り8位となり注目を集める。翌年初優勝。99年には年間3勝を挙げ、初の賞金女王に輝く。04年シード権を獲得しつつも最終戦終了後、ツアーから電撃的に引退。同年、日本プロスポーツ大賞功労賞受賞。その後は、トーナメントテレビ解説、レッスン番組への出演、コラム連載、講演会など様々な分野で活躍中。主な著書「いちばんやさしいゴルフ入門(DVD付き)」
生涯現役、元気で人生を謳歌するために
森谷 敏夫  (もりたに としお)  京都大学大学院人間・環境学研究科教授
1950年兵庫県生まれ。テキサス大学、テキサス農工大学大学院助教授、モンタナ大学生命科学部客員教授等を経て、現在、京都大学大学院にて生活習慣病に対する運動の予防医学的効果や肥満のメカニズムをテーマとして研究。専門は応用生理学とスポーツ医学。生活習慣病(メタボ・糖尿病・認知症等)の温床になる肥満のメカニズムや予防・改善のための運動と栄養の役割を分かりやすく解説。
巧みな話術とエネルギッシュな講演は定評を得ている。
TV番組「ためしてガッテン」「生活ホットモーニング」等にも出演。
力を引き出す〜どん底から個人と組織を甦らせる
柳本 晶一  (やなぎもと しょういち)  元・バレーボール全日本女子チーム監督
1951年大阪府生まれ。現役時代は、全日本男子代表のセッターとして活躍。また実業団チーム・新日鐵では、選手兼監督も務めた。91年に現役引退後は、専任監督となる。Vリーグ女子・東洋紡オーキスの監督を経て、2003年、全日本女子チームの監督へ就任。吉原知子をキャプテンへ復帰させ、大山加奈、栗原恵などの若手選手の育成に力を注ぎ、低迷していた全日本女子チームをアテネ、北京と2つのオリンピックへ導き、全日本女子バレー復活請負人とも呼ばれた。
主な著書「力を引き出す〜どん底から個人と組織を甦らせる〜」
一流スポーツ選手に見る健康法
〜オリンピック選手たちの強さの秘訣〜
湯浅 景元  (ゆあさ かげもと)  中京大学スポーツ科学部教授
1947年名古屋市生まれ。中京大学体育学部卒、東京教育大学大学院体育学研究科修了。体育学修士、医学博士。現在、中京大学にて「コーチング論」「スポーツ環境論」を担当。世界の一流スポーツ選手たちが行っている運動の多くは、私たちの心身の健康維持に役立つ。講演では、一流選手のトレーニング法を紹介し、選手たちから学ぶことが出来る簡単な運動をイスに座ったまま実践して頂く。NHK「サンデースポーツ」「クローズアップ現代」「生活ほっとモーニング」等にも多数出演。主な著書「老いない体になれるその場7秒健康法」「ぴんぴんコロリ体操」
血液サラサラの食生活とは?
〜何をどのように食べれば良いか〜
渡辺 睦行  (わたなべ なかみち)  昭和女子大学生活科学部准教授農学博士
静岡県生まれ。東北大学農学部卒業。東北大学大学院農学研究科修了・博士(農学)。現在、昭和女子大学生活科学部健康デザイン学科 准教授。
いつまでも健康な経営者であり続けるために、いつもみんなが元気で働ける会社であり続けるために、栄養学は一体どのくらい貢献できるのでしょうか?
なにをどう食べたら良いのか?何をどう食べたらいけないのか?最新の栄養学知見を判りやすく解説する。
主な著書「疲労軽減成分を有する食品成分・ニューフードインダストリー」
1 2 3 4

経営・ビジネス 経済・金融 政治・内外情勢 文化・教養
(C) 2007 SEMINAR BRAIN KYOKAI CO.,Ltd
E-mail.info@seminar-brain.jp