セミナーブレーン協会 03-5542-3064 info@seminar-brain.jp
HOME 講師派遣 講演会企画運営 研修・人材派遣 業務案内 お問い合わせ
講師派遣

勝負魂〜決心することの大切さ
古賀 稔彦  (こが としひこ)  柔道家/五輪・金メダリスト
決心することの大切さ

1992年バルセロナオリンピック
本番直前、左膝をケガしたまま試合に臨み金メダルを勝ち取った古賀稔彦氏。
雄叫びをあげた、あの感動シーンは記憶に残る一場面である。
現役引退後は、町道場「古賀塾」を開くとともに、指導者として全日本女子柔道チーム強化コーチも務め、2004年アテネ五輪では金メダルを獲得した谷本歩美のコーチとしても脚光を浴びる。
愛弟子を称えた抱擁のシーンは記憶に新しい。

古賀氏本人の口から語られる、金メダルという偉業を成し遂げるまでの数々のエピソード。
中学1年生の時から、上京し、柔道一直線の毎日。
吉田秀彦氏との出会い・・・ 両親の姿・・・。
痛み止めの注射を膝へ6本も打ちながら、奇跡のように、準々決勝、準決勝へと勝ち進み、そして金メダルを獲得したバルセロナオリンピック。
古賀氏の真摯な態度で、丁寧な語り口は、会場を、だんだんと感動の渦に巻き込む。
また指導者としても一流であり、自身の体験を通した独自の考え方をもとに指導にあたっており、谷本選手はじめ、数々の選手が育っている。
その指導の秘訣は、何なのか・・・。
柔道家としてだけでなく、ひとりの人間として、古賀稔彦氏自身の人生観も聴く者の心を掴む。
(C) 2007 SEMINAR BRAIN KYOKAI CO.,Ltd
E-mail.info@seminar-brain.jp