セミナーブレーン協会 03-5542-3064 info@seminar-brain.jp
HOME 講師派遣 講演会企画運営 研修・人材派遣 業務案内 お問い合わせ
講師派遣

どん底から生まれた宅急便
〜宅急便の挑戦と革新〜
都築 幹彦*  (つづき みきひこ)  元・ヤマト運輸且ミ長
「クロネコヤマト」の仕掛け人。
規制と闘い、“常識”をぶち破った経営の真髄を語る!

1929年東京都生まれ。慶應大学経済学部卒業後、同年、ヤマト運輸(株)に入社。
以後、運輸畑ひと筋を歩む。常務取締役関東支社長、営業開発本部長、営業本部長、専務取締役を経て、1987年社長に就任。その後、会長、相談役を務め、平成7年退任。現在は、ヤマト運輸社友会会長。
常務時代の昭和51年に反対する労働組合を説得し、当時の業界常識を破った国内初の『クロネコヤマトの宅急便』を開始。厚い壁であった許認可問題等で、運輸省・郵政省・警察庁と折衝しながら、規制と闘い、遂に47都道府県の免許を取得することによって、全国翌日配達のネットワークシステムの基をつくりあげた。

「経営者はさまざまなことを考えるものですが、実は思ったようにいかないのが、これが経営というものです。宅急便を立ち上げた時も大変な試行錯誤しました。はたして、宅急便が世の中に定着するのかどうか、少なくとも現在のように家庭生活に結びつく姿は、正直言って想像できなかった」と都築氏は語る。
当時、何もしなければ、潰れていたかもしれないヤマト運輸。
“変革の時代”といわれる今、経営者は何をすべきか。
失敗談も含めたユーモア溢れる講演に、発想の転換のヒントがある。
趣味はマジックで、東京アマチュア・マジシャンズクラブ会長も務め、エノケンこと榎本健一氏の甥でもある都築氏の講演は毎回、大好評を得ている。

著書:
「プロジェクトX コミック版」(10巻)
「宅配便130年戦争」

(C) 2007 SEMINAR BRAIN KYOKAI CO.,Ltd
E-mail.info@seminar-brain.jp